fc2ブログ

お芝居、創ってこう!

昨日は、「学校でひらく舞台芸術教室」角山小学校、2回目のワークショップに角ひろみさんと一緒に行って来ました。

角さんによる教室は2年目に突入。そのせいか、やっぱり、ちょっと、子どもたちの雰囲気が違うんですよね。校長先生は、「これが2年目の難しさよー(ふふふっ)!」と。ふむふむ、なるほど。この教室を通して、実は私たちも先生方や子どもたちから教わることが沢山あります。いろんなことを感じながら、この日は、静かに(!)・・・教室はスタート!

角さん、「今日は手法をちょっと変えます(にやり)。」と角山へ向かう車の中でおっしゃってましたがー。ほんとだー!
静かに、そっと、みんなに語りかける、角さん。「しーー。石にるよー。」

bu003.jpg


しばらく、角さんの動きを鏡のように真似したり、パントマイムをやってみたり。動きだけでなく、足音(大きさやリズム)も。「よく見て、よく聞いて!」と、角さん。

「ちょっとお芝居、創ってこう!」

bu027.jpg


この、みんなの立つラインは今日の舞台。壁からラインへ向かって、歩く。床が「氷」と思って、スローモーションに。まばたきもゆっっくり。足音をたてずに、大きく、ゆっっっくり~。

bu032.jpg

bu033.jpg

bu035.jpg

bu037.jpg


「これ、何?」って角さんが足で、どんどん。「心臓の音、やね!」
バラバラな足音が、だんだん、だんだんと、一つの心臓の音のように、なってゆくと、角さんからの「OK」サインが!

bu046.jpg


ここで、すかさず、前回、みんなに配ったテキスト「生きる」を角さんが大きな声で朗読。

「――それは、のどが渇く ということ。」
朗読されるテキストに合わせて動く、角さん。
みんなも真似して動き出します。
そう、この動き、さっきからやっていた、鏡やパントマイムの動き!あぁ、ここにつながってくるのか~と、感心してしまいました。

bu057.jpg

テキスト「宇宙飛行士」の部分。宇宙船、出発!

ちょっとした動きや音が、これから創るお芝居に繁栄されていっていることが、みんなも感じてきているんじゃないかな、と思いました。

休憩を少し挟んで、後半は、各テキストのチームが発表をします。

みんなの使っている台本も見せてもらいました。ぐちゃぐちゃと書き殴った台本、すてきです(笑)。

これは、また後日に~。


おまけ。

ぶ001


体育館のカギのキーホルダー、かえる。
ガキより大きいので、ポケットに入れ忘れることがなくって良いんだとか(笑)。



ohi
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL